日本代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖

  今日は、人気の日本代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖を紹介します。サッカー日本代表のユニフォームのメーカーブランドは前続き「アディダス」、アディダスロゴはユニフォームの右胸で刺繍しています。アンケート調査によると、世界中の代表ユニフォームの中で2016日本代表アウェイユニフォームは№4を取得しました。

日本代表の2016ホームユニフォーム、そのコンセプトは『青の“調和”』。

  アディダスが制作した日本代表のホームでは、史上もっとも濃い青を用い、正面には11人の選手の個性を表す11本の異なる青で構成されたボーダー柄を配置。

  そして中央に配された赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表した“一本線”だ。

  襟裏に今回大きくプリントされたのは、協会エンブレムでお馴染みの三本足の烏の羽。ロシアの地へチームを導く先導者という意味合いが込められている。襟付きの日本代表 ユニフォームをモチーフにした首まわりも珍しい。

日本代表 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖

  今日は、人気の日本代表 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖を紹介します。サッカー日本代表のユニフォームのメーカーブランドは前続き「アディダス」、アディダスロゴはユニフォームの右胸で刺繍しています。アンケート調査によると、世界中の代表ユニフォームの中で2016日本代表アウェイユニフォームは№1を取得しました。(写真参照。)

  2016 アウェイ ユニフォームのデザインコンセプトは『青の“個性”』で、何と言っても特徴的なのがシャツの正面に配された個性的な青の総柄グラフィック。ダイヤモンドの輝きをモチーフにしたこのグラフィックにより、11人の選手の輝く個性を表現している。

  “スリーストライプス”(アディダス三本線)はやはり脇の配置。ホーム同様背面の首元にはアクセントとして赤が入れられている。

パンツとソックスはシンプルな白の印象が深い。