三井ホームの「地下室付き住宅」

三井ホームの「地下室付き住宅」

三井ホームの「地下室付き住宅」

三井ホームの「地下室付き住宅」には、都市の限られた敷地に対応して広く快適に有効活用する、4つのタイプがあります。

・アトリウムタイプ
敷地を最大限に活用するために、建物部分の地下をすべて利用するタイプです。また、アトリウムと1階開口部まで続く吹き抜けによって採光、通風を確保しますから、さわやかな居住空間が仕上がります。

・サンクンガーデンタイプ
ドライエリアを設けたサンクンガーデンタイプは、開放的でしかも採光に優れた地下空間をつくることができます。ドライエリアの雨水処理はポンプアップ方式によって解消しています。

・パティオタイプ
敷地の間口が狭く奥行きがあり、しかも道路との段差がある場合には、建物中央に中庭を設けたパティオタイプがおすすめです。地下に設けた部屋にも、パティオから自然光が降り注ぎ、開放感も得られます。地下にあるどの空間もパティオに面した、明るく通風に優れた住まいです。

・カーポートタイプ
敷地と道路との間に高低差がある場合には、無理に敷地内に駐車スペースを設けて建物を変形させるより、むしろ地下部分にカーポートを設けた方が敷地を有効利用できます。「カーポートタイプ」では、地下にカーポートを設けて、直接1階にあがれる動線を確保します。こうすることによって雨の日も濡れずに出入りできます。また、天井高を高く設定しますので、ハイルーフ車やワンボックスカーも駐車可能となります。道路と反対側にはドライエリアを設定しますので、採光と通風に優れた車庫となります。

どのタイプも、一目で特徴が分かるようにホームページでは美しいイラストが掲載されています。
イメージを確認されたい方、また、詳しいことが知りたい方は、こちらの三井ホームのオフィシャルサイトでご確認ください。

http://www.mitsuihome.co.jp/product/max150/

TOPへ戻る