フローレンスガーデンの「窓のある地下室」

フローレンスガーデンの「窓のある地下室」

フローレンスガーデンの「窓のある地下室」

輸入住宅フローレンスガーデンが商標登録しているのは、従来の地下室とは一味違う地下室GroundRoom®[グランドルーム®]です。
[グランドルーム®]の最大の特徴は窓が設けられること。
半地下なので採光・通風に必要な窓を簡単に取り付けることができますし、ドライエリアを造ることによって大きな履き出し窓も設置することも可能なのです。さらに、構造耐力性能評価(BCJ評定-LC0001)取得の独自工法「フローレンスガーデン高断熱地下工法(FGS)」で、従来の地下室に比べて湿気の問題も軽減しました。

フローレンスガーデンの「窓のある地下室」の特徴を挙げると、以下のようになります。

・「窓のある地下室」は採光がたっぷりとれますから、明るくて快適な空間が作れます。半地下工法とドライエリアで履きだし窓の設置も可能です。

・「窓のある地下室」は高い遮音・防音性を誇りますから、ピアノなどの音楽演奏をしたり、物音に邪魔されずに仕事に専念したりすることができます。

・高気密・高断熱ですから夏は涼しく、冬は暖く、快適なうえに、省エネ効果が期待できます。

・フルベースメント(総地下)だから通常のベタ基礎よりもさらに深く基礎を組んでいることになり、高い耐震性と耐久性を誇ります。

・フローレンスガーデン高断熱地下工法(FGS)は型枠職人が要らないため、通常より工期が短く、予算を抑えることができます。

・24時間集中セントラル換気システムを標準装備した計画換気で、いつも清潔な空調を保ちます。

詳しくは、こちらのフローレンスガーデンのオフィシャルページでご確認ください。
http://www.ground-room.com/

TOPへ戻る