暗くてじめじめしたイメージは過去のものです。自由で快適な地下室について、また、おすすめの建築会社についてご紹介しています。

地下室のある暮らしを始めてみませんか?

地下室のある暮らしを始めてみませんか? TOP

小さな土地を有効活用する方法として、三階建ての住宅が人気を集め、三階建て規制も次第に緩和されてきました。

もう一つ、土地の有効活用として、地下室を作る、という方法があります。地下室なら、三階建て住宅のように日照権の問題から近隣への配慮するという必要なく、広々とした住空間を効率的に手に入れることができるのです。

昔と比べると建築法は格段の進化を遂げ、黴臭いといったイメージの地下室は昔のものになりました。

今では、地下室にバス・トイレなどの水回りを利用する部屋を作ることも、太陽光が差し込む部屋を作ることも、庭がある地下室を作ることも、すべて可能なのです。

どこか隠れ家のような印象のある地下室ですから、実際には、仕事に活用する方も多いようです。執筆業を生業とされている方、音楽家、舞踏家などなど。
もちろん、無理なく防音することができますから、プロの方でなくても、趣味の部屋として、思う存分、自分の趣味に浸ることもできますね。

また、地下では地盤が自然の緩衝材となって交通騒音だけでなく交通振動までも低減するため、外界の騒音に悩まされることもありません。
書斎を作って静かに読書をしたり、寝室を作って安眠を得ることも可能なのです。

このように、地下室のある暮らしはとても素敵です。広々とした静かな空間を、思うように使うことができるのです。

あなたも、地下室のある暮らしを想像してみませんか?


地下室で獲得できる広さについて

土地には、定められた建ぺい率、容積率というものがあります。これは、いずれも、敷地となる土地に対する建物の大きさを制限するきまりです。


平成6年6月に施行された建築基準法に関する規制緩和によって、規制緩和以前の1.5倍の広さの住宅が建築できるようになりました。また地下室を造るなら地上の車庫も最大1.5倍にできるようになったのです。
これを受けて、次第に地下室付きの住宅を求める人も多くなってきました。

ここで少し、規制緩和が適用される住宅地下室容積率不算入制度についてお話ししておきましょう。

住宅の場合、地下室は建築基準法上、床面積の優遇措置が受けられます。

具体的には、建築物の地階でその天井高が地盤面からの高さ1m以下にあるものの住宅の用に供する部分は、その建築物の住宅の用途に供する部分(自動車車庫等は含まない)の床面積の合計の1/3までは容積率算定から除外されます。

一般的には住宅地下室容積率不算入制度と呼ばれています。

たとえば、敷地面積が100㎡、建ぺい率(普通は1階部分の床面積÷敷地面積)50%、容積率(建物全体の床面積÷敷地面積)100%の指定がある場合を考えてみましょう。

地下室を作れば150㎡の床面積が確保できます。旧制度では、100㎡が限度でした。
従来の1.5倍の床面積の建物を建てることができるのは、大きな魅力となったといえるでしょう。


災害時にも安心

建物は地表より高くなるほど地震の影響を受けやすく、地下深くなるほど影響を受けにくくなる傾向があるといわれています。


地下室が受ける影響はどれくらいかご存知でしょうか?
驚くことに、地下では地上部分のわずか1/2~1/3程度の影響しか受けない、と考えられています。

通常の建物は布基礎やべた基礎を設け、地表付近の浅い地盤で支えられています。これに対して、地下室付きの住宅は、地盤の深い位置で支えられるため、建物全体がしっかりと安定するのだそうです。

阪神大震災においては、地下室付住宅はほとんど無傷であったという報告もあります。

高品質の鉄筋コンクリート製でつくられた地下室は強靭です。もちろん、信頼のおける建築会社へ依頼することが前提となりますが、地上階も鉄筋コンクリートで造れば建物全体が強靭になるうえ、火災にも強い家ができることになります。

さらに自然の緩衝材といわれる地盤が周囲を取り巻いているため、地震の揺れはいっそう軽減されて地下室に伝わり、地下室付き住宅は地震に強い家となるのです。

このサイトでは、様々な面で魅力的な地下室を作るにあたって、おすすめの建築会社をご紹介していきたいと思います。
 

地下室付きの設計が可能な建築会社を、具体的にひとつ例を挙げて紹介しておきましょう。地下というと湿気がこもりやすいという常識を覆したのが、特許の結露防止システムを持つ、大九建設株式会社です。こちらの特許のシステムによって地下室にも関わらず、常にカラッとした空間で過ごすことができます。

このサイトでは、この建築会社以外にもそれぞれの特徴を持った会社を紹介していますので、そちらも是非参考にしていただければと思います。


 


TOPへ戻る